« 京都旅行へ行って来たー!! | トップページ | [記事]ピの海外公演破行消息に誰より切ながっている »

2007年7月19日 (木)

**海外旅行緊急マニュアル**

200707181

  いつ起きるとも知れないトラブルに備えて

実は、数日前悲しい出来事がありました。ソウルに渡韓中の
ビニペンチングのGちゃんが、突然倒れて、意識不明になり、
昏睡状態にありました。普段私たちは、何度となく簡単に
海外へ渡韓しておりますが、突然の出来事にショッックを隠せず
かなり落ち込んでいます。。

近くても、やはり遠い海外での出来事に、傍で目の当りにした
他のチングは私以上に大きな衝撃と苦悩を抱えて帰国しました。

あのとき・・こうすればよかった・・ああすればよかった・・・
そんな風に自分を責めて辛い思いをしていると思うと、
とても痛たたまれない気持ちでいっぱいになります。

そこで、私たちなりに、再認識しなければいけないと思いました。
みなさんも十分認識してらっしゃると思いますが、この記事のどこか
が、お役に立てれば・・・
 

  ■セーフティカードの重要さを再認識!■

 ①本名(姓名)と読み仮名
 ②住所(郵便番号も)
 ③緊急連絡先(家族等)最低3つの連絡先が必要!
 ④血液型(RHも)
 ⑤万一の為に提出を希望される持病や体質。
かかりつけの医療機関情報や応急処置の際に
注意してほしい事項など
 ⑥家族の本名(旧姓含め)
 ⑦予め保険会社の連絡先が判っていれば、その番号も。

 財布に入れておける位の大きさに必要事項を記入して、
 いつも肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

 プラス、

パスポートの後ろに緊急連絡先等を記載する事も忘れずに!

 
<もしも、海外で事件・事故等のトラブルに遭遇したら>

海外で日本人が事件・事故等のトラブルに遭遇したり、
緊急入院した場合、在外公館(日本大使館・総領事館)で、
制約があってできないこともあるが、相談できます。

[在外公館で行っている案内・助言や支援等]

弁護士や通訳に関する情報の提供
医療機関情報の提供
御家族との連絡における支援
現地警察や保険会社への連絡に際する助言・支援
現地での治療が不可能な場合、緊急移送に関する助言・支援
被害者等の御家族が現地に向かう場合、できるだけ早く
現地に出発できるよう、住所地の都道府県パスポートセンターに
対するパスポートの緊急発給要請。 など

[制約があってできないこと]
病院との交渉、医療費・移送費の負担、支払い保証、立て替え
犯罪の捜査、犯人の逮捕、取締り
相手側との賠償交渉。 など

 これだけは↓コピーしてでも持っていたい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■在大韓民国日本大使館・総領事館■

在大韓民国大使館
Korea
Embassy of Japan
18-11, Junghak-dong Jongro-gu, Seoul,Republic of Korea.
(ソウル特別市鍾路区中学洞18-11)
電話: (82-2) 2170-5200, 739-7400(領事部)
Fax: (82-2) 734-4528, 739-7410(領事部査証)、
   (82-2) 723-3528(領事部旅券、戸籍・国籍、証明)

http://www.kr.emb-japan.go.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
在済州総領事館
Jeju
Consulate-General of Japan
977-1 Nohyong dong, Jeju-shi, Jeju-do, Republic of Korea
(済州特別自治道済州市老衡洞977-1)
電話: (82-64) 710-9500
Fax: (82-64) 743-5885

http://www.jeju.kr.emb-japan.go.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
在釜山総領事館
Busan
Consulate-General of Japan
1147-11 Choryang-3 dong, Dong-gu, Busan, Republic of Korea
(釜山広域市東区草梁3洞1147-11)
電話: (82-51) 465-5101~6
Fax: (82-51) 464-1630

http://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

保険会社に加入していて保険料を請求したい場合

①診療内容明細書(Attending Physician's Statement )
②領収明細書(Itemized Receipt)
上記1. 2.の書類が外国語で書かれている場合は、
日本語の翻訳文(翻訳者の住所・氏名を記載してください)
③保険証
④印鑑
⑤銀行の通帳(または口座番号等の控えなど)

保険会社によっては、キャッシュレスの場合や、後払いの場合等
ケースバイケースの為、保険会社の緊急連絡先の番号は
海外へ渡航する前に最低でもチェックすること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■ 万が一の応急処置 ■

●いきなり、食事中に苦しがったら・・・

何かを飲んだり、食べたりして窒息しそうになってる場合は、
まず、口に指先を入れ、無理やり物を吐き出し、
その後ゆっくり背中をさすってあげる。

●油や、熱湯に当ってやけどをしたら・・・

まずその場で一刻も早く流水で最低15分~30分冷やすこと。
そのあと、塗り薬をぬる。部位の広さにより病院へ。

●いきなり鼻血が出たら・・・

鼻を摘んで、指先に触れる中央の硬い部分の少し下辺りを押える
その上から冷たいタオルで押さえると一層良い。
仰向けにすると血を飲んでしまい
吐き気を催すこともあるのでしない。

●けがをして、血を止めたい時、
 患部を圧迫することで出血は抑えられます。

●いきなり、隣に座っていた友達がぶっ倒れたら・・・

意識のない人は仰向けでは嘔吐して、吐物による窒息を起こす
危険があります。「昏睡体位」(うつぶせ寝で顔を横に向けた姿勢)をとります。

①あわてて抱きおこしたりせず、うろたえないで落ち着いて対処。
②ボタンやファスナー、ベルトをはずし、衣服をゆるめて楽にさせます。
③呼吸をしているか確認。1分間に50回以下の脈拍だと蘇生法を実施。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
心停止・呼吸停止からの死亡率を示しています。

 ■心臓停止後3分で50%死亡
 ■呼吸停止から10分で50% 死亡
 ■多量出血から30分で50% 死亡

 日本の場合、救急車到着迄に約6分かかります。が、
 これが韓国の場合、ある程度ハングルが判ってすぐ
 救急車を呼んだとしても、最低10分はかかります。
 

 救急車到着前のあなたが大切な人を救います。
 救急車到着迄に何もしないと、
社会復帰は不可能です。

 まず、「気道の確保」 これが最初に一番大事!

意識障害や呼吸停止、心停止が生じると下顎をささえている

筋肉の緊張が失われ舌根が沈下して気道の閉塞が生じる。

呼吸が少しあったとしても、だんだん脳に空気が送られず、

大変危険な状態に陥る可能性が早まるからです。

 
    
人工呼吸と心臓マッサージ

①呼吸が無ければ人工呼吸を開始する。
②気道を確保したまま額に当てた親指と人差し指で鼻をつまむ。
③口を開け相手の口を覆い静かに息を1回吹き込む。
④吹き込んだ後、顔を胸部側に向け、胸の動きと呼気
  を確認してから、さらに1回吹き込む。
⑤500~800mlの息を2秒かけてゆっくり2回吹き込む。
⑥胸がふくらまなかった時は、もう1度、気道確保する。
⑦人工呼吸は呼吸が完全に回復するか、救急隊員に引き継ぐまで止めない。
⑧脈拍がふれなくなった時は、直ちに心臓マッサージと併用する。

循環のサインを10秒以内に調べ、無ければ直ちに心臓マッサージを開始

   (循環のサイン:
呼吸、咳の有無、体の動き

①傷病者の横にヒザをついて座る。
②圧迫部位はみぞおちより指1本分あけた部位より上の部分になる。
③まず、胸骨の下の縁に人差し指と中指の2本の指を置く
④2本の指を肋骨の縁に沿って剣状突起と肋骨で作られている
⑤切痕に達するまで中央に移動させる。(いわゆるミゾオチ)
⑥さらに中指を中央に移動させると、人差し指は胸骨の
  上に置かれた状態になる。
⑦この人差し指の置かれた部分にもう片方の手の親指の
  付け根を置く。この部分を圧迫する。
⑧両手の付け根のみで圧迫。
⑨1分間に100回の速さで15回圧迫する。
 
心臓マッサージ15回、人工呼吸2回の繰り返しが成人の心肺蘇生法。
 これを2~3分繰り返すごとに、循環のサインを調べます。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今回の件で、本当に勉強しなければいけない点が数多くありました。
 一刻を争う時に、家族以外の人間にできる事に限界があるんだと
 思い知らされました。倒れて心停止になったあと、病院での保証人、
 検査をしなければならないが、生死に関わる為、何をするにも家族
 の同意が必要な事。医療用語の困難さ。大使館や医師とのやりとり。
 今回協力して頂いた、韓国の友達にも言葉が出ない位感謝しています。
 たくさんの葛藤と不安と恐怖を感じながら、多くの事を学んだと思います。
 これから・・・まだ治療は続くし・・・でも、生きて帰ってほしい。。。
 今は、最優先にそれだけを祈ってるから。。。

 

|

« 京都旅行へ行って来たー!! | トップページ | [記事]ピの海外公演破行消息に誰より切ながっている »

コメント

みぃさんこんばんは
お友達心配ですね‥。

楽しみにして行かれた韓国でこんな事になり
本当にお気の毒で‥

まわりの方も驚かれた事でしょう。
お元気になられる事を心から祈っておりま
す。

色々為になる事調べて頂き有難うございましたm(^^)m

みぃさんもお身体に気をつけてくださいね☆

投稿: yokko | 2007年7月19日 (木) 00時56分

안녕하세요! 제가 한국사람아닌데..당신 쓴글이 몸이 아픈 것같에요! 괜찮아요??
항상조심 하세요!^^

投稿: kk | 2007年7月19日 (木) 05時59分

みぃさんこんにちは。
大変な事態になり、心痛お察しします。読んでると緊張してきましたので思わず・・・今回の記事とても感謝いたします。勉強になりました。大切なことばかりです。いつ自分の身に怒るかも分からない事態、まして海外で起こったらと思うと怖くなりますね。手軽に海外へ行けるから警戒心も甘くなりがちですが、肝に命じます。記事プリントしておきます。お友達の回復を心からお祈り申し上げます。

投稿: binimaru | 2007年7月19日 (木) 09時22分

海外でのお友達の入院・・・ご心配ですね。
早い回復をお祈りいたします。

そんな中、とても貴重な情報ありがとうございます。
普段漠然と気になっていても、
自分に降りかかってくると思ってないところがありました。
今回のみぃさんのメッセージをしっかり受け止めて、
海外旅行はもちろん、日々の暮らしにも役立てていきます。
本当に、ありがとうございました。

投稿: さんた | 2007年7月19日 (木) 20時22分

私も度々子連れで南の島に旅するので、今回の件は凄く重みを感じました。

保険に入ったのは最初の旅行の時だけで、
それ以降はカードに保険は付帯されてるし、なにも起こらないだろうってあまり考えないようにしてました。
実際には擦り傷や虫さされくらいで、大きな病気や事故はなかったものの言葉も通じない見知らぬ場所に行くというのは大変な事なのよね。

お友達が早くよくなるように私も祈ってます。

投稿: りーさん | 2007年7月19日 (木) 22時35分

うふふ~~!! 実は、意識が! い・し・きが戻ったの~~~!!!予断は許さないが、回復に向かっているので、気分的にはちょっと一安心! なのですーーー!!!
だって・・・死ぬはずないと思ったもん!彼女の手相・・・生命線がのびのびだったって聞いてたから~~~!!!キャ!

でも、今回の事を肝に銘じることに変わりはないけど。。。
睡眠不足と急激な運動で疲れが溜まって、倒れる事が現実になることもあるから怖いです。

みなさんも十分気をつけて下さいね! 健康が第一ですよぉ~~!!!

投稿: みぃ | 2007年7月20日 (金) 00時59分

みぃさん、みなさん、おはようございます。
良かったです。意識が戻った事本当に良かった。実は勝手に私のドンウォン系のブログに今回の記事のセーフティカードの携帯についてUPさせていただきました。夏休みを利用して渡韓される方にメッセージを書いたのですが・・・みぃさんの気持ちをもっと多くの方に知っていただきたいって思いました。9月に韓国訪問を予定している私としても改めて気持ちを引き締めるきっかけになりました。本当にありがとうございます。御友人が1日も早く元気に帰国される事切望しています。

投稿: silky | 2007年7月20日 (金) 08時35分

お友達意識が戻られて本当によかったですねえ~!! 皆さんがおっしゃるように今は海外へ気楽にいけてしまいますが まさかそんなことが起こるとは誰も予想だにしていませんものねー 何が起こるかわからない!!私も肝に命じておきます ウンウン 
お友達が一日も早く回復され 通常の生活に戻られるようお祈りしています(--)

投稿: maruko | 2007年7月20日 (金) 12時24分

みいさんよかったですね~~。
意識戻られたのですか~~^^

そうおっしゃられてもきっとずっと心配されていたことでしょう。
良かった。。。

ご友人のこともさることながら、実はそれを心配されているみぃさんの事が気がかりでした。
今晩は胸を撫で下ろしてゆっくりお休みになれそうですね^^
良かった。。。


投稿: chan | 2007年7月22日 (日) 00時33分

そうなの!回復が進んでるので、安心しすぎ?
^^;; 
日本に帰ってから検査やら治療が続くので、
ゆっくり見守って行きたいと思ってます~。。
こちらこそ、心配頂き感謝しています。。。

投稿: みぃ | 2007年7月22日 (日) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都旅行へ行って来たー!! | トップページ | [記事]ピの海外公演破行消息に誰より切ながっている »